ブログ

ブログ

2021.03.16 ネットショップ(ECサイト)

テイクアウト&デリバリーサイト開設と運用のポイント!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ドットコム・マーケティング大江です。
非対面、オンラインによる販売戦略や事業展開が重要になっている今、テイクアウト&デリバリーサイト開設ニーズも増加しています。

テイクアウトやデリバリーは通常のECサイトとは事なり、受け取り店舗の設定や、デリバリー可能範囲の設定など、独自の設定や対応が必要となります。

それら全てをシステムで制御できるサービスもありますが、初期費用が大きくなるなど負担も増えてしまいますので、今回は安価でテイクアウト&デリバリーサイト開設する選択肢や方法をご紹介いたします!

 

■テイクアウト&デリバリーサイトの基本的な購入方法

テイクアウト&デリバリーをネットで受け付けたい場合、通常のECサイト構築と何が変わってくるのでしょうか?
大きな違いは以下となります。

●デリバリーは配送可能地域を制限する必要がある。
通常のECサイトは各種運送会社を利用しての全国配送が普通ですが、お弁当の自社デリバリーなどは
自社から配送できるエリアが制限されます。
その配送可能エリアをシステムで制御したり、運用でカバーしていく必要があります。

●テイクアウトは「受け取り店舗の選択や来店日時の選択」が必要に。
テイクアウトはお客様に商品を受け取りにきてもらう必要がありますので、
受け取り可能店舗や、いつ受け取り可能なのかをシステム制御、または運用でカバーする必要があります。

この様に、デリバリーとテイクアウトでは通常のネットショップ販売とは異なる部分がありますので注意が必要です。

 

■運用方法を工夫すれば、様々なネットショップサービスでも対応できます。

テイクアウト&デリバリーの購入方法や注意点を把握した上で、次に課題になるのが
「どのようなサービスを利用してテイクアウト&デリバリーサイトを構築すればよいの?」
という点です。

ここは皆さまとても迷われる部分になります。
こちらも大きく分けて2つの考え方があります。

●初期費用をかけて、すべてシステムで制御できるサイトを構築する。
テイクアウト&デリバリーには通常のECサイトとは事なる機能が必要になる事は理解いただいたと思います。
それらを全てシステムで制御したサイトを構築するには、初期費用も大きくかける必要がでてきます。

例としましては、★Shopify(https://www.shopify.jp/ を利用してのショップ構築があります。
Shopify は基本機能でデリバリーの配達エリアの設定やテイクアウト設定が可能です。
※細かい設定が必要な場合は別途アプリを導入する事でより細かな設定も可能。

また ★MakeShop(https://www.makeshop.jp/ では別途費用で「ケータリング・デリバリーオプション」を追加する事もできます。

この様なショップを構築する事で、デリバリー範囲外のお客様の注文はシステムで購入できなくしたり、
1つの商品登録で、購入時にお客様がテイクアウトかデリバリーを選択して購入するなど、
購入しやすいショップ構築が可能となります。

 

●初期費用をおさえて、運用でカバーするサイトを構築する。
上記システム制御とは異なり、運用でカバーする方法ですと、初期費用を大きく抑えたショップ構築も可能になります。運用でカバーいただくポイントは以下となります。

■デリバリー配達エリアのシステム制御はできないので、サイトや商品名に「〇〇地域デリバリー限定商品」などわかりやすく表記する。
デリバリー範囲外のお客様もシステム上は購入できてしまうが、表記を分かりやすくする事で誤注文を軽減。

例:★カラーミーショップを利用したデリバリーサイト事例
https://shop-pro.jp/news/2005-delivery-rental/


■デリバリー、テイクアウトで同一商品を、別々に登録する必要がある(例外もあり)

これは利用するショップサービスによって異なりますが、安価で利用できるネットショップサービスの多くは同じ商品でも「テイクアウト商品」「デリバリー商品」として別々に登録する必要があります。

★BASE(https://thebase.in/ではテイクアウトアプリがありますので、デリバリーの配送エリア制限などはできませんが運用でカバーする事で初期費用を大きく抑えた構築も可能です。

ほか運用でカバーされる場合は ★STORES(https://stores.jp/や他各種ネットショップサービスを利用した展開も可能です。

 

■まずは費用を抑えてスタートする事が重要

テイクアウト&デリバリーの受注サイト構築について、ポイントをご説明いたしましたが、重要な事は「はじめは費用を抑えてスタートさせる」事です。

多少不便でもカバーできる部分は運用で対応し、事業の推移をみてシステムによる効率化や利便性向上といったステップへ進めていく事が大切です。

極論となりますが、まずはインスタグラムで商品を掲載し、メッセージやお問い合わせで受注するといったスモールスタートでも対応は可能です。
まずはあまり複雑に考えずに、シンプルにスマートに展開される事が物事を進めるポイントとなりますので、テイクアウトやデリバリーのオンライン受注でお悩みの方は参考にしてみてください。

弊社ではカラーミーショップやMakeShopを中心としたECサイト構築は多くの実績がありますので、ネットショップの開設をお考えの方もぜひお気軽にご相談ください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのトップへ