ブログ

ブログ

2020.11.24 

LINE広告ってどうなの?できることと、注意すべきポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「LINE広告ってよく見かけるけど、どういったものかよく分からない。」

「興味はあるけど、実際どうなの?」

という方向けに、LINE広告の概要や、LINE公式アカウントについて、また注意点をご紹介します。

 

■LINE広告とは


ひとことで言えば「LINEユーザーに向けた広告」の配信サービスです。

▼以下公式ページ記載
「LINE」は、日本国内で月間利用者数(以下、MAU)8,400万人(2020年3月末時点)を誇るコミュニケーションアプリです。
このLINEユーザーに向けて広告を配信できるサービスが、広告配信プラットフォーム「LINE広告(旧LINE Ads Platform)」です。

他のSNSではリーチできない顧客層へのリーチ力、またLINE公式アカウントと柔軟に連携して友だち追加広告配信や類似配信を行えるのがLINE広告の強みです。


◆幅広い層に広告を見てもらえる

 

 

 

 

 

 

 

上述のように性別、年齢、職業を問わず幅広い層に利用されています。
また、利用頻度も総じて高く、日本では生活に定着したアプリと言えるでしょう。

 

◆広告配信先が豊富

LINE広告は配信先が豊富です。

広告配信先は、トーク画面やタイムラインだけではありません。LINE NEWSやLINEマンガといったサービスも含まれます。
また、2019年8月から「LINE広告ネットワーク」が開始し、「クックパッド」といったLINE関連サービスへのリーチも可能となっています。


以下のような配信面を皆さんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、「LINE」以外の配信先ネットワークにも広告を配信することもできます!

▼LINEの広告のは配信先ネットワーク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■LINE公式アカウント

LINE公式アカウントとは、企業や店舗がLINE上でアカウントを作成できるサービスです。
公式アカウントから友だち登録してくれたユーザーへメッセージを送ったり直接情報を届けることができます。

 

◆LINE公式アカウントのメリット

LINE公式アカウントには以下のようなメリットがあり、多くの企業が活用しています。

  • 友だち登録してくれるという見込みの高いユーザーを集めることができる
  • ユーザーに対して直接コミュニケーションを取れる
  • 友だちの情報を広告配信に活かせる。
  • アカウント開設は無料

 

■LINE広告の注意点

◆配信NGの業種、業態、商品・サービスがある(審査が厳しい・・)


LINE広告は比較的審査が厳しく、他媒体で配信出来ていてもLINE広告では配信できない場合があります。
配信前にしっかり確認しましょう。


▼公式サイトに明記された掲載不可業種・商材

  • 宗教関連
  • エステ(一部除く)
  • ギャンブル関連、パチンコ等(一部公営くじ除く)
  • アダルト関連
  • 出会い系
  • 連鎖販売取引
  • 探偵業
  • たばこ、電子タバコ
  • 産経用品(避妊具、女性用体温計等)
  • 武器全般、毒物劇物
  • 政党
  • 公益法人、NPO/NGO、社団法人(一部除く)
  • 生体販売
  • 医療系、美容整形系、ホワイトニング、病院・クリニック、特定疾患の啓蒙サイト
  • 整骨院、接骨院、鍼灸院等
  • 未承認医薬品・医療機器等
  • 消費者金融(一部除く)
  • 質屋
  • オークション、入札権購入型オークション
  • マッチングサイト(一部除く)
  • アフィリエイトサイト
  • ネット関連ビジネス(情報商材、能力開発商材等)
  • ポイントサイト(ポイントサービスを主体としたサイト)
  • 弊社競合サービス(メッセンジャーアプリ、SNSアプリ、決済サービス等)
  • その他弊社が不適合と判断した業種・業態、商品・サービス

 

LINE広告は比較的後発サービスということもあり、まだまだ利用していない企業が多いです。
しかし、LINEという圧倒的なユーザ数を持つプラットフォームを使ったリーチ力は売上増加への効果も大いに期待できます!


少額からでも配信開始できるため、興味のある方はまずは一度試してみてはいかがでしょうか?
ドットコム・マーケティングではLINEはもちろん、様々な広告媒体を取り扱っております!ぜひお気軽にお問合せ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのトップへ