ブログ

ブログ

2020.11.10 セキュリティ

中小企業こそ必要なホームページのセキュリティ対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中小企業こそ必要なホームページのセキュリティ対策

以前に「しっかり対策できてますか?WEBサイトのセキュリティ対策チェック項目」としてセキュリティ対策の重要性についてご案内しましたが、

中小企業のホームページご担当者様の場合、不正アクセスやサイバー攻撃と聞いても「狙われるのは大企業や有名な企業だけではないか」と思っている方が少なくないのではないでしょうか。

現在のサイバー攻撃は中小企業を主なターゲットにしており、規模にかかわらずホームページを持つ企業はすべて攻撃対象になってしまうのです。

また、中小企業の方が大企業に比べて、セキュリティ対策が万全でないことが多いため、大企業を狙う攻撃者は、まずは中小企業を攻撃して、それを糸口に大企業に侵入を試みようとしています。

セキュリティ対策が不十分では、不正アクセスされた結果、取引先や顧客等に関する機密情報の流出や、ホームページを閲覧された顧客へのウィルス拡散等。企業の存続を脅かすほどの致命的な事態に発展することもあるのです。

 

ホームページのセキュリティ対策

 

ホームページを運営するには、Webアプリケーション(ワードプレス等の更新機能)、WEBサーバ、に対してセキュリティ対策をしていく必要があるということになります。
どちらかに攻める隙があれば、攻撃する側にとっては、セキュリティ対策をしていないと同じ意味になってしまいます。

 

 

ドットコム・マーケティングのセキュリティ対策

 

1.サーバー側の対策
サーバー側のソフトフェアのアップデートやWebサイトを保護するWAF(Webアプリケーションファイアウォール)の機能の利用が可能です。
また、不正アクセスを100%防ぐ事は不可能な為、改ざんを検知するサービスの提供も行っております。
「改ざんを検知」サービスはホームページ自体を改良しなくても導入できる為、直ぐに対策したいという場合は有効です。

2.ホームページの対策
ホームページ側では古い更新システム(CMS)のアップデートが必須になり、状況に応じてホームページ自体のリニューアルになる場合もあります。
構築後に数年間アップデートしていないホームページや更新機能、問合せフォームがある場合は特に注意が必要です。

 

「自社WEBサイトのセキュリティ対応は大丈夫かな?」と心配な方は、無料診断いたしますのでお気軽にご連絡ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのトップへ