ブログ

ブログ

2020.09.12 インターネット集客ネット広告

BtoB企業にとっての【SNS広告】5つのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数年、BtoBでビジネスを行う企業のWebマーケティングが活発になってきています。

今までBtoB企業と言えば、展示会やイベントを行い、集まった人から名刺をもらい営業を始める、
営業マンが既存の顧客から紹介して頂き新規顧客を獲得する、そんな方法でリードを集めることが一般的でした。

在宅ワークなど働き方のWebシフトが進み、対面のチャネルでのリード獲得の方法は、
今までよりも効果が出にくくなることが懸念されます。
これからは益々、非対面チャネルの重要性が高まります。

今回はBtoB企業が良質なリードを獲得するための方法のひとつとして、SNS広告の活用について、そして
なぜBtoB企業がSNS広告をやるべきなのかという基本からSNS広告実施のメリット、
お勧めの広告媒体の紹介も合わせてご紹介致します!

 

■SNS広告とは

 

SNS広告とは、FacebookやInstagram、LINEなどに代表されるSNS内でユーザーに配信出来る広告のことを指します。
FacebookやInstagramを使用している時に、友人の投稿に混じって広告を出稿することが可能です。

 

■BtoB企業が広告を配信するメリット

 

✔認知度の向上

会社やサービスの名前が知られているかどうかは、BtoBのビジネスでもとても大事な要素です。
営業を行う際、会社名やサービス名を知られていると不信感を持たれることが少なく非常にスムーズです

広告を出稿することは、認知度の向上にダイレクトに寄与します。

 

✔サービスイメージの定着

広告では、会社名やサービス名を知ってもらうだけでなく、この会社と言えば〇〇というイメージを定着させることが可能です。
イメージを定着させることが出来れば、その人が〇〇を購入しようと思った時に自分の会社を思い浮かべてもらうことが出来ます。

 

■BtoB企業がSNS広告を行うべきメリット

 

✔手軽に始められ、リスクが少ない

SNS広告に限らずですが、Web広告はいつでもどこでも誰でも簡単に始められる手軽さが大きな魅力です。
また、クリック課金型を選べる媒体を選定すれば、実際にユーザーが広告をクリックしてサイトに訪れるまではお金が発生しません。
この点は大きなメリットです。

 

✔狙いたいターゲットにピンポイントで広告を配信できる

多くのSNS広告では詳細で高精度なターゲティングが可能です。その点は、BtoBの企業にとってかなり大切なポイントとなります。
BtoC企業は幅広いユーザーに対して広告配信をすることが必要ですが、BtoBの企業は知名度を高めるべきターゲット層が限られてきます。
BtoBの企業はターゲットが明確であるからこそ、精度の高いターゲティングが出来るSNS広告が有効です。

 

✔詳細な効果測定が出来る為PDCAを回しやすい

TVCMの場合、自社の広告がどんな人に届いたのか、何回見られたのか、どの位関心を持たれたのか、計測することは非常に困難です。
SNS広告では、広告が何回表示されたのか、何回クリックされたのか、Web広告経由で何件のリードが獲得出来たのか、
クリックをした人はどんな人なのか、そういったデータを確認することが可能です。

 

✔フォロワーを獲得することが出来る

広告を使用しターゲット層に有益な情報を届けることが出来れば、SNS上のフォロワーを増やすことが出来ます。
フォロワーはすぐには資料請求やお問合せにたどり着かないかもしれませんが、育成すべき大切な見込み顧客となります。
広告を使用して良質なコンテンツを届けることは、そんな見込み顧客を増やしていくことにも繋がります。

 

■BtoB企業にお勧めの広告媒体

 

✔Facebook広告/Instagram広告

Facebook広告は、まず最初に取り組むべきSNS広告として、最もお勧めです。
月間2600万人(日本国内)という圧倒的なアクティブユーザーの多さとターゲティングの正確さが魅力です。

 

BtoBの企業のように限られた特定の層へのアプローチは誰に広告を配信するかが大事になってきます。
「誰に」という部分を高精度に行える点で、SNS広告は、BtoB向けの広告媒体として強みを持っていると思います。


お勧めの媒体に関してはお客様のターゲット像やビジネス形態によって異なります。
ドットコム・マーケティングでは様々な媒体を取り扱っておりますので、ぜひお気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのトップへ