ブログ

ブログ

2020.07.28 心のこと・心理学

幽体離脱のススメ?!自分を俯瞰するイメージワーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幽体離脱のススメ

 

7月も後半ですが、今年は梅雨が長く連日あいにくの空模様ですよね。
ここ最近は「コロナウイルス」のあまり明るくないニュースも相まって、スッキリしないお天気や出かけずらい空気の中での閉塞感などで心のバランスが乱れやすいので、1日の仕事を終えた後でほんのっちょっとでも自分に「お疲れ様」「今日も頑張ったね」と労える時間を持つのはとっても大事な事だと思っています。

 

●シャンパンタワーの法則

 

会社内でより良い成果を出したい・周りの人の役に立ちたいと思う時には、どうしても自分を後回しにして「仕事」「周りの人間関係」を優先して頑張ってしまいます。

けれど不思議なことに、私たちは「自分がちゃんと満たされていない」と、相手に与える・役に立つことが出来ません。
たとえ歯を食いしばって与える事をしたとしても、それは満足感にはつながらずに自分が疲弊していきます。(心理学では自分を疲弊させて与える事を『犠牲する』と表現します。犠牲についてはまた別の機会にお話しさせてください)

 

与える・良い結果を出すためにも大事なことは【まずは自分を満たす】という事です。

 

突然ですが結婚式やホストクラブなどのドラマや映画のシーンでシャンパングラスをピラミッドのように積み上げた「シャンパンタワー」というのを見たことはありませんか?
シャンパンタワーでは一番上のグラスにシャンパンを注ぎ入れ、グラスが満たされて溢れることで初めて他のグラスにシャンパンを分けてあげられ他のグラスを満たすことが出来ます。

私たちもシャンパンタワーと同じで、一番上のグラスである自分自身が満たされていないと、他の人に与えることが出来ません。

自分を正しく愛する・承認するという事は、自分を満たすためにとっても大事なことですが、頑張り屋さんだったり完璧主義が強かったりすると、自分を労うという事を「この程度でしてなるものか!」と疎かにしてしまいがちです。

けれど、何かしらの結果を出すにも・社会や会社に貢献するにも、やっぱり大前提は「自分をちゃんと満たしてから」なんですよね。

 

●幽体離脱ワーク?自分を俯瞰で見る時間

 

日々頑張っている自分を肯定・承認することは大事なことだよ!と言葉にするのは簡単なのですが、寝る前に1日を振り返って自分を褒めてみてくだい、と言われると皆さんはいくつ自分を褒めることが出来るでしょうか?

 

・仕事に行くためにちゃんと歯を磨いて顔を洗って偉い!
・会社の電話が鳴って3コール以内に取れた私、働き者!
・お得意様へのメールの文章に、相手を気遣うメッセージをそっと添えた私、優しいね!
・仕事から帰ってきて自炊とか、激しく凄い!!

 

褒めるべき箇所って、こんなレベルでもいいはずなのに、普段から自分に「いいね!」という承認をしてあげていないと、何か特別なことを成し遂げないと自分に対しての〇をつけてあげられません。
本当は、もっと手軽に小さなことを褒めていいはずなのに、いきなり「歯磨きして偉い」なんてやってみましょうと提案したところで「そんな当たり前なこと褒めたって…」と抵抗する方もたくさんいます。(そんなことって思うレベルでも本当は褒めるべきなんですけれどね…)

 

だからこそお勧めしたいのが【幽体離脱ワーク】です!!

 

1日を終えてお風呂に入っている時や寝る前のリラックスした時間に、目をつぶって大きく深呼吸をしてみて下さい。
吸って・吐いてと呼吸に集中して大きく大きく3回深呼吸をしたら、ドラえもんのタケコプターを付けたと思って、自分自身が空をふわふわと飛んでいる姿をイメージしてみてください。

空を飛んでいたら大きな窓があることに気付きます。
そっとその窓に近付いて中を覗き込むと、あなたが今日働いていたあなたの職場が見える窓で、窓から見える景色の向こうにはあなたが一生懸命働いている姿が見えます。

 

窓の向こうのあなたはどんな表情をしていますか?


笑っていますか?
無表情でしょうか?
元気そうでしょうか?
しんどそうなのにそれを見せないようにしているでしょうか?
疲れていて肩を大きく回していますか?顔色はどうでしょうか?
緊張している姿や、寂しそうにしている姿、不安そうな面持ちをしていませんか?
満たされていてやりがい溢れる顔をしていますか?
課題を前に頭を抱えつつ、仕事に必死に取り組んでいますか?

 

あなたがタケコプターをつけて空の上の窓から「あなた」の事を見て、どんな気持ちになりますか?
もし言葉をかけてあげられるなら、あなたにどんな言葉を届けたいでしょうか?
それをぜひ、声に出してつぶやいてみてください。


イキイキしていて素晴らしいね!
お疲れ様、頑張ってるね。
もっと肩の力を抜いていいよー。リラックスして深呼吸。
大丈夫だよ、安心して。
上手くやれる!
もう頑張らなくていいよ。
逃げたっていいんだよ。


その言葉をつぶやくと、どんな気持ちがしますか?
あなたがかけた言葉は、あなたが欲しい言葉です。誰よりも自分の欲しい言葉を知っているのはほかでもない自分ですものね。

 

自分で自分を俯瞰して、まるで幽体離脱したように自分を眺めてみると、自分に対する暖かい思いが湧き上がります。
窓の内側にいるその人って、結構頑張ってますよね。不器用だけど必死になって、かわいいところもたくさんありますよね。
健気なところもあるし、結構いいやつなんだよな!って思いませんか?
辛そうだったら助けてあげたいし、無理しないでいいよ、って抱きしめてあげたくなりますよね。
緊張しながらも何かを成し遂げようとしていたら、精いっぱい応援してあげたくもなっちゃいませんか?

 

こんな風に、自分をもっともっと沢山承認してあげましょう。
誰かが認めてくれたからすごいのではなく、あなたがあなたのすごさを誰よりも知っているのですから、自分で「分かっているよ」と自分に言ってあげましょう。
人はやっぱり「認めてもらえる」と頑張れます。やる気も出てきちゃいます。

 

自分を俯瞰して客観的に見ることで、自分を承認してあげやすくなります。
承認して味方になってあげられると、分かってもらえていることで自分が満たされて安心します。

 

よりよい結果を出すためにも、自分を笑顔にするためにも、自分を満たす「幽体離脱ワーク」で自分に優しい声がけをしてあげませんか?
日々頑張っているあなたであればあるほど、褒めてあげれられる・声をかけてあげられる場所はたくさんありますものね。
どうぞ、自分に「お疲れ様」「ありがとう」をたくさん届けてあげられますように。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのトップへ