ブログ

ブログ

2020.06.16 ビジネス

今、企業が生き残る為には?~D2Cから学ぶ顧客との関係作り~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは。ドットコム・マーケティング大江です。
最近「D2C」という言葉を良く聞きませんか?
「B toB」「B toC」でも無く「D2C」です。
これは「Direct to Consumer」と言い、メーカーやブランドが商品を生産し、消費者と直接取引を行うビジネスモデルです。

「それって今までの通販と同じでしょ」

と感じますが、D2Cは今までの通販と決定的に異なる考え方の違いがあります。
そしてその考え方はD2Cに限らず、この先企業が生き残る為の大きなヒントが凝縮されていますので、
まだD2Cをよく理解していない方、関心はあるけど動き出せていない方は、是非その考え方をチェックしてください。

ちなみにこの記事は、私が先日購入しました
「D2C 「世界観」と「テクノロジー」で勝つブランド戦略」
という書籍を読んで感じた事を要約しました。
詳しく知りたい方は、是非書籍を購入してくださいね。

 

D2Cと今までの通販、ネットショップとの違い



D2Cは単純に生産商品をネットショップで販売するだけではなく、
対象マーケットを「ミレニアル世代(1980年代から1990年後半までに生まれた世代)」へシフトさせ、
プロダクトを売るのではなく、ライフスタイル自体を提供する事を価値とします。

その世界観、ストーリーをSNSなどを通じ顧客に伝え、そこでのファン化、サービスの向上を顧客と共に作り上げる事が大きな違いとなります。
そしてそれら情報をデータサイエンティストによる解析でマーケティングに反映させる事で成長させていくビジネスモデルです。

※事例
日本で代表的な参考事例とされているのがクラシコムが運営する「北欧、暮らしの道具店」です。
サイトのコンテンツ制作、メディア化はもちろん、各種SNSでの世界観の統一など、とても参考になる事例です。

 

「商品」の販売から「世界観」の販売へ。



現在、旧来の一方的なブランドイメージ訴求による「商品販売」を行ってきた企業は世界的に淘汰されはじめています。

その代わりに世界観やライフスタイルを提供できる企業は顧客の生活にしっかり入り込む事ができ、その人の人生を豊かにするといった価値を販売する事ができます。

これは通販に限らず、ホテル、旅館、ブライダル、各種サービス業をはじめ、すべての企業に当てはめる事ができる取り組みです。
「商品やサービスの機能」の訴求ではなく「どの様な体験ができるのか、どのような感情を得ることができるのか」といった事を
しっかりビジュアルとして訴求する事で顧客に世界観として理解してもらえます。

この様に世界観をしっかり訴求できている商品やサービスは顧客の事前理解も深くなる為、ミスマッチが発生しにくく、満足度向上にもつながります。
※その結果、googleマイビジネス始めとした評価やSNSでの高評価口コミの拡散、ブランド認知拡大につながります。

 

「顧客 ⇒ 仲間」「売る ⇒ 一緒に作る」への意識改革



D2Cでは「顧客をコントロールして売る」のではなく「顧客がシェアしたくなる体験」を提供し、顧客自身が商品を広めてくれる土壌をつくります。

また様々な意見や改善要望を受け付ける事で、単なる「買う人」ではなく「商品やサービスを一緒に作り上げる人」として扱ってあげる事で顧客との関係性を強固なものとしていきます。

 

SNSの重要度はより大きく



この様に、世界観の訴求や顧客とのコミュニケーションをはかる場所として、SNSの重要度はより大きくなっています。

Instagram、Twitter、Facebook、YouTube、LINE。
それぞれのSNSでしっかりと着実に世界観発信とファン獲得を進めていく事が、その企業やサービスの経営にも影響してくる時代となりますので
SNSの取り組みがまだ出来ていない企業は1つ1つでも良いので取り組みを進めましょう。

 

社会の大きな転換期だからこそ、将来を見据えた取り組みを



新型コロナで大きく変化した社会情勢ですが、その転換期だからこそ企業も変化する大きなチャンスです。
なにもデータサイエンティストを雇って完全な体制にして取り組む必要はありません。
まずは出来る事から取り組むだけでも大きな一歩となります。

その中でWEBマーケティングやECサイト構築、SNS運用など、お悩みの事がありましたらお気軽にご相談ください。
ドットコム・マーケティングが貴社取り組みをバックアップいたします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
このページのトップへ